新車の購入契約を交わしたあとでもキャンセルは可能です

それまで乗っていたワゴン車が中古で購入したので、そろそろ新車に買い換えようと思ってディーラー巡りをしていたのです。やはり狙いは家族全員が乗れるミニバンだったのですが、ある熱心な営業マンが中古のワゴン車を高値で引き取ってくれるというので、そのディーラーで購入することにしたのです。

ところが購入の契約を交わした翌日に、別のディーラーの営業マンが値頃な新古車があるという情報を持って売り込みにきたのです。その新古車は売却先が決まっていたのですが、相手の事情でキャンセルされた車だったのです。しかし未使用ですし、購入予定の人がカーナビまで付けていたのです。値段も激安だったので心が動いたのですが、すでに他のディーラーと契約を交わした直後だったので諦めるしかなかったのです。ところがその営業マンが言うには、契約を交わしていてもキャンセルは可能だというのです。

ただしナンバー登録してあれば不可能だということです。まだ購入の契約を交わしただけなので、キャンセルすることにしたのです。一般のクーリングオフと同じで、新車の購入の場合にも契約を交わして1週間以内ならキャンセルができるそうです。契約を交わした営業マンには申し訳なかったのですが、正直に事情を話すと納得してくれたのです。まさか新車購入でもキャンセルが可能だとは知らなかったので、これは知っておくべき知識だと感じたのです。それと契約書を交わす前に、慎重に車選びをすることが大切です。